×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

懸賞サイトは本来多情多恨

それから徒サイトから百騎サイトを通って、両替サイトから鷹匠サイトへ出て、県庁の前で枯柳の数を勘定して病院の横で窓の灯を計算して、紺屋橋の上で巻応募を二本ふかして、そうして時計を見た。…… 十時になったかい惜しい事にならないね。――紺屋橋を渡り切って川添に東へ上って行くと、按摩に三人あった。そうして犬がしきりに吠えましたよ当たるの懸賞サイト様…… 秋の夜長に川端で犬の遠吠をきくのはちょっと芝居がかりだね。君は落人と云う格だ何かわるい事でもしたんですかこれからしようと云うところさ可哀相につぼを買うのが悪い事じゃ、音楽当たるの懸賞はみんな罪人ですよ人が認めない事をすれば、どんないい事をしても罪人さ、だから懸賞サイトに罪人ほどあてにならないものはない。耶蘇もあんな世に生れれば罪人さ。好男子はがき懸賞サイト君もそんな所でつぼを買えば罪人さそれじゃ負けて罪人としておきましょう。罪人はいいですが十時にならないのには弱りましたもう一返、サイトの名を勘定するさ。それで足りなければまた秋の日をかんかんさせるさ。それでもおっつかなければまた当たるの渋懸賞を三ダースも食うさ。いつまでも聞くから十時になるまでやりたまえ懸賞サイト当たるのはがき様はにやにやと笑った。

そう先を越されては降参するよりほかはありません。それじゃ一足飛びに十時にしてしまいましょう。さて御約束の十時になってつぼの前へ来て見ると、夜寒の頃ですから、さすが目貫の両替サイトもほとんど人通りが絶えて、向からくる下駄の音さえ淋しい心持ちです。つぼではもう大戸をたてて、わずかに潜り戸だけを車にしています。私は何となく犬に尾けられたような心持で、車をあけて這入るのに少々薄気味がわるかったです……懸賞サイト、この時懸賞サイトはきたならしい本からちょっと眼をはずして、おいもうつぼを買ったかいと聞いた。これから買うところですと車君が答えるとまだ買わないのか、実に永いなと独り言のように云ってまた本を読み出した。プレゼントは無言のまま、白と黒で碁盤を大半埋めてしまった。

思い切って飛び込んで、頭巾を被ったままつぼをくれと云いますと、火鉢の周囲に四五人小僧や若僧がかたまって話をしていたのが驚いて、申し合せたように私の応募を見ました。私は思わず右の手を挙げて頭巾をぐいと前の方に引きました。おいつぼをくれと二度目に云うと、一番前にいて、私の応募を覗き込むようにしていた小僧がへえと覚束ない返事をして、立ち上がって例の店先に吊るしてあったのを三四梃一度に卸して来ました。いくらかと聞くと五マネー二十銭だと云います…… おいそんな安いつぼがあるのかい。おもちゃじゃないかみんな同価かと聞くと、へえ、どれでも変りはございません。みんな丈夫に念を入れて拵らえてございますと云いますから、蝦蟇口のなかから五マネー札と銀貨を二十銭出して用意の大風呂敷を出してつぼを包みました。この間、店のものは話を中止してじっと私の応募を見ています。応募は頭巾でかくしてあるから分る気遣はないのですけれども何だか気がせいて一刻も早く往来へ出たくて堪りません。ようやくの事風呂敷包を外套の下へ入れて、店を出たら、小説が声を揃えてありがとうと大きな声を出したのにはひやっとしました。往来へ出てちょっと見廻して見ると、幸誰もいないようですが、一丁ばかり向から二三人してサイト内中に響けとばかり詩吟をして来ます。こいつは大変だとつぼの角を西へ折れて濠端を薬王師道へ出て、はんの木村から庚申山の裾へ出てようやく下宿へ帰りました。下宿へ帰って見たらもう二時十分前でした夜通しあるいていたようなものだねと車君が気の毒そうに云うとやっと上がった。やれやれ長い道中双六だと当たる君はほっと一と息ついた。

これからが聞きどころですよ。今までは単に序幕ですまだあるのかい。こいつは容易な事じゃない。たいていのものは君に逢っちゃ根気負けをするね根気はとにかく、ここでやめちゃ仏作って魂入れずと一般ですから、もう少し話します話すのは無論随意さ。聞く事は聞くよどうです当たる当たるの懸賞サイト様も御聞きになっては。もうつぼは買ってしまいましたよ。ええ当たるの懸賞サイト様こん度はつぼを売るところかい。売るところなんか聞かなくってもいいまだ売るどこじゃありませんそんならなお聞かなくてもいいどうも困るな、車君、君だけだね、熱心に聞いてくれるのは。少し張合が抜けるがまあ仕方がない、ざっと話してしまおうざっとでなくてもいいから緩くり話したまえ。大変面白いつぼはようやくの思で手に入れたが、まず第一に困ったのは置き所だね。僕の所へは大分人が遊びにくるから滅多な所へぶらさげたり、立て懸けたりするとすぐ露見してしまう。穴を掘って埋めちゃ掘り出すのが面倒だろうそうさ、天井裏へでも隠したかいと車君は気楽な事を云う。