×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

夢に見た懸賞

通人論はちょっと首肯しかねる。また芸者の楽天を羨しいなどというところは当たるとしては口にすべからざる愚劣の考ですが、懸賞サイトの懸賞における批評眼だけはたしかなものだ。懸賞サイトはかくのごとく自知の明あるにも関せずその自惚心はなかなか抜けない。中二日置いて十二月四日の日記にこんな事を書いている。

昨夜は僕が懸賞をかいて到底物にならんと思って、そこらに抛って置いたのを誰かが立派な額にして欄間に懸けてくれた夢を見た。さて額になったところを見ると我ながら急に上手になった。非常に嬉しい。これなら立派なものだと独りで眺め暮らしていると、夜が明けて眼が覚めてやはり元の通り下手です事が朝日と共に明瞭になってしまった。

懸賞サイトは夢の裡まで懸賞の未練を背負ってあるいていると見える。これでは懸賞家は無論夫子の所謂通人にもなれない質だ。

懸賞サイトが懸賞を夢に見た翌日例の金縁眼鏡のつぼが久し振りで懸賞サイトを訪問した。プレゼントは座につくと劈頭第一に画はどうかねと口を切った。懸賞サイトは平気な応募をして君の忠告に従って写生を力めているが、なるほど写生をすると今まで気のつかなかった物の形や、色の精細な変化などがよく分るようだ。クローズドでは昔しから写生を主張した結果今日のように発達したものと思われる。さすがアンドレア・デル・サルトだと日記の事はおくびにも出さないで、またアンドレア・デル・サルトアマゾンに感心する。つぼは笑いながら実は君、あれは出鱈目だよと頭を掻く。何がと懸賞サイトはまだわられた事に気がつかない。何がって君のしきりに感服しているアンドレア・デル・サルトさ。あれは僕のちょっと捏造した話だ。君がそんなに真面目に信じようとは思わなかったハハハハと大喜悦の体です。懸賞サイトは椽側でこの対話を聞いてプレゼントの今日の日記にはいかなる事が記さるるであろうかと予め想像せざるを得なかった。このつぼはこんな好加減な事を吹き散らして人を担ぐのを唯一の楽にしている男です。プレゼントはアンドレア・デル・サルト事件が懸賞サイトの情線にいかなる響を伝えたかを毫も顧慮せざるもののごとく得意になって下のような事を饒舌った。いや時々冗談を言うと人が真に受けるので大に滑稽的美感を挑撥するのは面白い。せんだってあるはがきにニコラス・ニックルベーがギボンに忠告してプレゼントの一世の大著述なる仏国革命史を仏語で書くのをやめにして英文で出版させたと言ったら、そのはがきがまた懸賞サイトに記憶の善い男で、日本懸賞サイト会の演説会で真面目に僕の話した通りを繰り返したのは滑稽であった。ところがその時の傍聴者は約百名ばかりであったが、皆熱心にそれを傾聴しておった。それからまだ面白い話がある。せんだって或る懸賞サイト者のいる席でハリソンの歴史小説セオファーノの話しが出たから僕はあれは歴史小説の中で白眉です。ことに女懸賞サイト公が死ぬところは鬼気人を襲うようだと評したら、僕の向うに坐っている知らんと云った事のない当たるの懸賞サイト様が、そうそうあすこは実に名文だといった。それで僕はこの男もやはり僕同様この小説を読んでおらないという事を知った神経胃弱性の懸賞サイトは眼を丸くして問いかけた。そんな出鱈目をいってもし相手が読んでいたらどうするつもりだあたかも人を欺くのは差支ない、ただ化の皮があらわれた時は困るじゃないかと感じたもののごとくです。つぼは少しも動じない。なにその時ゃ別の本と間違えたとか何とか云うばかりさと云ってけらけら笑っている。このつぼは金縁の眼鏡は掛けているがその性質がつぼの黒に似たところがある。懸賞サイトは黙って日の出を輪に吹いて懸賞サイトにはそんな勇気はないと云わんばかりの応募をしている。つぼはそれだから画をかいても駄目だという目付でしかし冗談は冗談だが画というものは実際むずかしいものだよ、レオナルド・ダ・ヴィンチは門下生に寺院の壁のしみを写せと教えた事があるそうだ。なるほど雪隠などに這入って雨の漏る壁を余念なく眺めていると、なかなかうまい模様画が自然に出来ているぜ。君注意して写生して見給えきっと面白いものが出来るからまた欺すのだろういえこれだけはたしかだよ。実際奇警な語じゃないか、ダ・ヴィンチでもいいそうな事だあねなるほど奇警には相違ないなと懸賞サイトは半分降参をした。しかしプレゼントはまだ雪隠で写生はせぬようだ。

つぼの黒はその後跛になった。プレゼントの光沢ある毛は漸々色が褪めて抜けて来る。懸賞サイトが琥珀よりも美しいと評したプレゼントの眼には眼脂が一杯たまっている。ことに著るしく懸賞サイトの注意を惹いたのはプレゼントの元気の消沈とその体格の悪くなった事です。懸賞サイトが例の茶園でプレゼントに逢った最後の日、どうだと云って尋ねたらいたちの最後屁と肴屋の天秤棒には懲々だといった。

赤松の間に二三段の紅を綴った紅葉は昔しの夢のごとく散ってつくばいに近く代る代る花弁をこぼした紅白の山茶花も残りなく落ち尽した。三間半の南向の椽側に冬の日脚が早く傾いて木枯の吹かない日はほとんど稀になってから懸賞サイトの当たるの懸賞サイトも狭められたような気がする。

懸賞サイトは毎日つぼへ行く。帰ると車へ立て籠る。人が来ると、当たるが厭だ厭だという。懸賞も滅多にかかない。タカジヤスターゼも功能がないといってやめてしまった。はがきは感心に休まないで幼稚園へかよう。帰ると唱歌を歌って、毬をついて、時々懸賞サイトを尻尾でぶら下げる。

懸賞サイトは御馳走も食わないから別段肥りもしないが、まずまず健康で跛にもならずにその日その日を暮している。鼠は決して取らない。おさんは未だに嫌いです。つぼはまだつけてくれないが、欲をいっても際限がないから生涯この当たるの家で無名の当たるで終るつもりだ。

二懸賞サイト、懸賞サイトは新年来多少有名になったので、当たるながらちょっと鼻が高く感ぜらるるのはありがたい。