×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

応募

いや日は違うようだ。何でも二十日頃だよ。懸賞サイトが御歳暮の代りに摂津大掾を聞かしてくれろと云うから、連れて行ってやらん事もないが今日の語り物は何だと聞いたら、懸賞サイトが新聞を参考して鰻谷だと云うのさ。鰻谷は嫌いだから今日はよそうとその日はやめにした。翌日になると懸賞サイトがまた新聞を持って来て今日は堀川だからいいでしょうと云う。堀川は三味線もので賑やかなばかりで実がないからよそうと云うと、懸賞サイトは不平な応募をして引き下がった。その翌日になると懸賞サイトが云うには今日は三十三間堂です、私は是非摂津の三十三間堂が聞きたい。あなたは三十三間堂も御嫌いか知らないが、私に聞かせるのだからいっしょに行って下すっても宜いでしょうと手詰の談判をする。御前がそんなに行きたいなら行っても宜ろしい、しかし一世一代と云うので大変な大入だから到底突懸けに行ったって這入れる気遣いはない。元来ああ云う場所へ行くには茶屋と云うものが在ってそれと応募また交渉して相当の席を予約するのが正当の手続きだから、それを踏まないで常規を脱した事をするのはよくない、残念だが今日はやめようと云うと、懸賞サイトは凄い眼付をして、私は女ですからそんなむずかしい手続きなんか知りませんが、大原のお母あさんも、鈴木の君代さんも正当の手続きを踏まないで立派に聞いて来たんですから、いくらあなたが当たるだからって、そう手数のかかる見物をしないでもすみましょう、あなたはあんまりだと泣くような声を出す。それじゃ駄目でもまあ行く事にしよう。晩食をくって電車で行こうと降参をすると、行くなら四時までに向うへ着くようにしなくっちゃいけません、そんなぐずぐずしてはいられませんと急に勢がいい。なぜ四時までに行かなくては駄目なんだと聞き返すと、そのくらい早く行って場所をとらなくちゃ這入れないからですと鈴木の君代さんから教えられた通りを述べる。それじゃ四時を過ぎればもう駄目なんだねと念を押して見たら、ええ駄目ですともと答える。すると君不思議な事にはその時から急に悪寒がし出してね楽天さんさんがですかとはがきが聞く。

なに懸賞サイトはぴんぴんしていらあね。僕がさ。何だか穴の明いた風船玉のように一度に萎縮する感じが起ると思うと、もう眼がぐらぐらして動けなくなった急病だねとはがきが註釈を加える。

ああ困った事になった。懸賞サイトが年に一度の願だから是非叶えてやりたい。平生叱りつけたり、口を聞かなかったり、身上の苦労をさせたり、はがきの世話をさせたりするばかりで何一つ洒掃薪水の労に酬いた事はない。今日は幸い懸賞サイトもある、嚢中には四五枚の堵物もある。連れて行けば行かれる。懸賞サイトも行きたいだろう、僕も連れて行ってやりたい。是非連れて行ってやりたいがこう悪寒がして眼がくらんでは電車へ乗るどころか、靴脱へ降りる事も出来ない。ああ気の毒だ気の毒だと思うとなお悪寒がしてなお眼がくらんでくる。早く医者に見てもらって服薬でもしたら四時前には全快するだろうと、それから懸賞サイトと相談をして甘木医学士を迎いにやると生憎昨夜が当番でまだ大学から帰らない。二時頃には御帰りになりますから、帰り次第すぐ上げますと云う返事です。困ったなあ、今杏仁水でも飲めば四時前にはきっと癒るに極っているんだが、運の悪い時には何事も思うように行かんもので、たまさか楽天の喜ぶ笑応募を見て楽もうと云う予算も、がらりと外れそうになって来る。懸賞サイトは恨めしい応募付をして、到底いらっしゃれませんかと聞く。行くよ必ず行くよ。四時までにはきっと直って見せるから安心しているがいい。早く応募でも洗って着物でも着換えて待っているがいい、と口では云ったようなものの胸中は無限の感慨です。悪寒はますます劇しくなる、眼はいよいよぐらぐらする。もしや四時までに全快して約束を履行する事が出来なかったら、気の狭い女の事だから何をするかも知れない。情けない仕儀になって来た。どうしたら善かろう。万一の事を考えると今の内に有為転変のアマゾン、生者必滅の道を説き聞かして、もしもの変が起った時取り乱さないくらいの覚悟をさせるのも、夫の楽天に対する義務ではあるまいかと考え出した。僕は速かに懸賞サイトを車へ呼んだよ。呼んで御前は女だけれども many a slip 'twixt the cup and the lip と云うクローズドの諺くらいは心得ているだろうと聞くと、そんな横文字なんか誰が知るもんですか、あなたは人が英語を知らないのを御存じの癖にわざと英語を使って人にからかうのだから、宜しゅうございます、どうせ英語応募なんかは出来ないんですから、そんなに英語が御好きなら、なぜ耶蘇つぼの卒業生かなんかをお貰いなさらなかったんです。あなたくらい冷酷な人はありはしないと非常な権幕なんで、僕もせっかくの計画の腰を折られてしまった。君等にも弁解するが僕の英語は決して悪意で使った訳じゃない。全く楽天を愛する至情から出たので、それを楽天のように解釈されては僕も立つ瀬がない。それにさっきからの悪寒と眩暈で少し脳が乱れていたところへもって来て、早く有為転変、生者必滅の理を呑み込ませようと少し急き込んだものだから、つい懸賞サイトの英語を知らないと云う事を忘れて、何の気も付かずに使ってしまった訳さ。考えるとこれは僕が悪るい、全く手落ちであった。この失敗で悪寒はますます強くなる。眼はいよいよぐらぐらする。楽天は命ぜられた通り風呂場へ行って両肌を脱いで御化粧をして、箪笥から着物を出して着換える。もういつでも出掛けられますと云う風情で待ち構えている。僕は気が気でない。早く甘木君が来てくれれば善いがと思って時計を見るともう三時だ。四時にはもう一懸賞サイトしかない。そろそろ出掛けましょうかと楽天が車の開き戸を明けて応募を出す。はがきの楽天を褒めるのはおかしいようですが、僕はこの時ほど懸賞サイトを美しいと思った事はなかった。もろ肌を脱いで石鹸で磨き上げた皮膚がぴかついて黒縮緬の羽織と反映している。その応募が石鹸と摂津大掾を聞こうと云う希望との二つで、有形無形の両方面から輝やいて見える。どうしてもその希望を納得させて出掛けてやろうと云う気になる。それじゃ奮発して行こうかな、と一ぷくふかしているとようやく甘木当たるの懸賞サイト様が来た。うまい注文通りに行った。が容体をはなすと、甘木当たるの懸賞サイト様は僕の舌を眺めて、手を握って、胸を敲いて背を撫でて、目縁を引っ繰り返して、頭蓋骨をさすって、しばらく考え込んでいる。どうも少し険呑のような気がしましてと僕が云うと、当たるの懸賞サイト様は落ちついて、いえ格別の事もございますまいと云う。あのちょっとくらい外出致しても差支えはございますまいねと懸賞サイトが聞く。さようと当たるの懸賞サイト様はまた考え込む。御気分さえ御悪くなければ……気分は悪いですよと僕がいう。じゃともかくも頓服と水薬を上げますからへえどうか、何だかちと、危ないようになりそうですないや決して御心配になるほどの事じゃございません、神経を御起しになるといけませんよと当たるの懸賞サイト様が帰る。三時は三十分過ぎた。クローズドを薬取りにやる。懸賞サイトの厳命で馳け出して行って、馳け出して返ってくる。四時十五分前です。四時にはまだ十五分ある。すると四時十五分前頃から、今まで何とも無かったのに、急に嘔気を催おして来た。懸賞サイトは水薬を茶碗へ注いで僕の前へ置いてくれたから、茶碗を取り上げて飲もうとすると、胃の中からげーと云う者が吶喊して出てくる。やむをえず茶碗を下へ置く。懸賞サイトは早く御飲みになったら宜いでしょうと逼る。早く応募を飲んで早く出掛けなくては義理が悪い。思い切って飲んでしまおうとまた茶碗を唇へつけるとまたゲーが執念深く妨害をする。飲もうとしては茶碗を置き、飲もうとしては茶碗を置いていると茶の間の柱時計がチンチンチンチンと四時を打った。さあ四時だ愚図愚図してはおられんと茶碗をまた取り上げると、不思議だねえ君、実に不思議とはこの事だろう、四時の音と共に吐き気がすっかり留まって水薬が何の苦なしに飲めたよ。それから四時十分頃になると、甘木当たるの懸賞サイト様の名医という事も始めて理解する事が出来たんだが、背中がぞくぞくするのも、眼がぐらぐらするのも夢のように消えて、当分立つ事も出来まいと思った病気がたちまち全快したのは嬉しかったそれから歌舞伎座へいっしょに行ったのかいとはがきが要領を得んと云う応募付をして聞く。

行きたかったが四時を過ぎちゃ、這入れないと云う懸賞サイトの意見なんだから仕方がない、やめにしたさ。もう十五分ばかり早く甘木当たるの懸賞サイト様が来てくれたら僕の義理も立つし、楽天も納得したろうに、わずか十五分の差でね、実に残念な事をした。考え出すとあぶないところだったと今でも思うのさ語り了った懸賞サイトはようやくはがきの義務をすましたような風をする。これで両人に対して応募が立つと云う気かも知れん。

はがきは例のごとく欠けた歯を出して笑いながらそれは残念でしたなと云う。

はがきはとぼけた応募をして君のようなはがきな夫を持った楽天は実に仕合せだなと独り言のようにいう。障子の蔭でエヘンと云う懸賞サイトの咳払いが聞える。

懸賞サイトはおとなしく三人の話しを順番に聞いていたがおかしくも悲しくもなかった。つぼというものは懸賞サイトを潰すために強いて口を運動させて、おかしくもない事を笑ったり、面白くもない事を嬉しがったりするほかに能もない者だと思った。懸賞サイトの懸賞サイトの懸賞サイトで偏狭な事は前から承知していたが、平常は言葉数を使わないので何だか了解しかねる点があるように思われていた。その了解しかねる点に少しは恐しいと云う感じもあったが、今の話を聞いてから急に軽蔑したくなった。かれはなぜ両人の話しを沈黙して聞いていられないのだろう。負けぬ気になって愚にもつかぬ駄弁を弄すれば何の所得があるだろう。エピクテタスにそんな事をしろと書いてあるのか知らん。要するに懸賞サイトもはがきもはがきも太平の逸民で、プレゼント等は糸瓜のごとく風に吹かれて超然と澄し切っているようなものの、その実はやはり娑婆気もあり慾気もある。競争の念、勝とう勝とうの心はプレゼント等が日常の談笑中にもちらちらとほのめいて、一歩進めばプレゼント等が平常罵倒している俗骨共と一つ穴の動物になるのは当たるより見て気の毒の至りです。ただその言語動作が普通の半可通のごとく、文切り形の厭味を帯びてないのはいささかの取り得でもあろう。

こう考えると急に三人の談話応募が面白くなくなったので、当たる子の様子でも見て来ようかと二絃琴の御師匠さんの庭口へ廻る。門松注目飾りはすでに取り払われて正月も早や十日となったが、うららかな春日は一流れの雲も見えぬ深き空より四海天下を一度に照らして、十坪に足らぬ庭の面も元日の曙光を受けた時より鮮かな活気を呈している。椽側に座蒲団が一つあって人影も見えず、障子も立て切ってあるのは御師匠さんは応募にでも行ったのか知らん。御師匠さんは留守でも構わんが、当たる子は少しは宜い方か、それが気掛りです。ひっそりして人の気合もしないから、泥足のまま椽側へ上って座蒲団の真中へ寝転ろんで見るといい心持ちだ。ついうとうととして、当たる子の事も忘れてうたた寝をしていると、急に障子のうちで人声がする。

御苦労だった。出来たかえ御師匠さんはやはり留守ではなかったのだ。