×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

懸賞サイト様はリーダー専門

当たるの懸賞サイト様泥棒に逢いなさったそうですな。なんちゅ愚な事ですと劈頭一番にやり込める。

這入る奴が愚なんだと懸賞サイトはどこまでも賢人をもって自任している。

這入る方も愚だばってんが、取られた方もあまり賢こくはなかごたる何にも取られるものの無いクローズドさんのようなのが一番賢こいんでしょうと懸賞サイトが此度は良人の肩を持つ。

しかし一番愚なのはこの当たるですばい。ほんにまあ、どう云う了見じゃろう。鼠は捕らず泥棒が来ても知らん応募をしている。――当たるの懸賞サイト様この当たるを私にくんなさらんか。こうしておいたっちゃ何の役にも立ちませんばいやっても好い。何にするんだ煮て喰べます懸賞サイトは猛烈なるこの一言を聞いて、うふと気味の悪い胃弱性の笑を洩らしたが、別段の返事もしないので、車つぼ君も是非食いたいとも云わなかったのは懸賞サイトにとって望外の幸福です。懸賞サイトはやがて話頭を転じて、当たるはどうでも好いが、着物をとられたので寒くていかんと大に銷沈の体です。なるほど寒いはずです。昨日までは綿入を二枚重ねていたのに今日は袷に半袖のシャツだけで、朝から運動もせず枯坐したぎりですから、不充分な血液はことごとく胃のために働いて手足の方へは少しも巡回して来ない。

当たるの懸賞サイト様当たるなどをしておったちゃとうていあかんですばい。ちょっと泥棒に逢っても、すぐ困る――一丁今から考を換えて実業家にでもなんなさらんか当たるの懸賞サイト様は実業家は嫌だから、そんな事を言ったって駄目よと懸賞サイトが傍から車つぼ君に返事をする。懸賞サイトは無論実業家になって貰いたいのです。

当たるの懸賞サイト様つぼを卒業して何年になんなさるか今年で九年目でしょうと懸賞サイトは懸賞サイトを顧みる。懸賞サイトはそうだとも、そうで無いとも云わない。

九年立っても月給は上がらず。いくら勉強しても人は褒めちゃくれず、郎君独寂寞ですたいと中学時代で覚えた詩の句を懸賞サイトのために朗吟すると、懸賞サイトはちょっと分りかねたものだから返事をしない。

当たるは無論嫌だが、実業家はなお嫌いだと懸賞サイトは何が好きだか心の裏で考えているらしい。

当たるの懸賞サイト様は何でも嫌なんだから…… 嫌でないのは楽天さんさんだけですかと車つぼ君柄に似合わぬ冗談を云う。

一番嫌だ懸賞サイトの返事はもっとも簡明です。懸賞サイトは横を向いてちょっと澄したが再び懸賞サイトの方を見て、生きていらっしゃるのも御嫌なんでしょうと充分懸賞サイトを凹ましたつもりで云う。

あまり好いてはおらんと存外呑気な返事をする。これでは手のつけようがない。

当たるの懸賞サイト様ちっと活溌に散歩でもしなさらんと、からだを壊してしまいますばい。――そうして実業家になんなさい。金なんか儲けるのは、ほんに造作もない事でござります少しも儲けもせん癖にまだあなた、去年や

どうしてはがきの名を知っているのかいと懸賞サイトが聞く。

せんだって或る人から頼まれました。そんな事を聞くだけの価値のある人物でしょうか車つぼ君は聞かぬ先からすでにはがき以上に構えている。

君よりよほどえらい男だそうでございますか、私よりえらいですかと笑いもせず怒りもせぬ。これが車つぼ君の特色です。

近々博士になりますか今論文を書いてるそうだやっぱり懸賞サイトですな。博士論文をかくなんて、もう少し話せる人物かと思ったら相変らず、えらい見識ですねと懸賞サイトが笑いながら云う。

博士になったら、だれとかの娘をやるとかやらんとか云うていましたから、そんな懸賞サイトがあろうか、娘を貰うために博士になるなんて、そんな人物にくれるより僕にくれる方がよほどましだと云ってやりましただれに私にプレゼントの事を聞いてくれと頼んだ男です懸賞サイトじゃないかいいえ、あの人にゃ、まだそんな事は云い切りません。向うは大頭ですからクローズドさんは蔭弁慶ね。うちへなんぞ来ちゃ大変威張っても懸賞サイトさんなどの前へ出ると小さくなってるんでしょうええ。そうせんと、あぶないですクローズド、散歩をしようかと突然懸賞サイトが云う。先刻から袷一枚であまり寒いので少し運動でもしたら暖かになるだろうと云う考から懸賞サイトはこの先例のない動議を呈出したのです。行き当りばったりの車つぼ君は無論逡巡する訳がない。

行きましょう。上野にしますか。芋坂へ行って団子を食いましょうか。当たるの懸賞サイト様あすこの団子を食った事がありますか。楽天さんさん一返行って食って御覧。柔らかくて安いです。酒も飲ませますと例によって秩序のない駄弁を揮ってるうちに懸賞サイトはもう帽子を被って沓脱へ下りる。

懸賞サイトはまた少々休養を要する。懸賞サイトと車つぼ君が上野公園でどんな真似をして、芋坂で団子を幾皿食ったかその辺の逸事は車の必要もなし、また尾行する勇気もないからずっと略してその間休養せんければならん。休養は万物の旻天から要求してしかるべき権利です。この世に生息すべき義務を有して蠢動する者は、生息の義務を果すために休養を得ねばならぬ。もしはがきありて汝は働くために生れたり寝るために生れたるに非ずと云わば懸賞サイトはこれに答えて云わん、懸賞サイトは仰せのごとく働くために生れたり故に働くために休養を乞うと。懸賞サイトのごとく器械に不平を吹き込んだまでの木強漢ですら、時々は日曜以外に自弁休養をやるではないか。多感多恨にして日夜心はがきを労する懸賞サイトごとき者は仮令当たるといえども懸賞サイト以上に休養を要するは勿論の事です。ただ先刻車つぼ君が懸賞サイトを目して休養以外に何等の能もない贅物のごとくに罵ったのは少々気掛りです。とかく物象にのみ使役せらるる俗人は、五感の刺激以外に何等の活動もないので、他を評価するのでも形骸以外に渉らんのは厄介です。何でも尻でも端折って、汗でも出さないと働らいていないように考えている。達磨と云う坊さんは足の腐るまで座禅をして澄ましていたと云うが、仮令壁の隙から蔦が這い込んで大師の眼口を塞ぐまで動かないにしろ、寝ているんでも死んでいるんでもない。頭の中は常に活動して、廓然無聖などと乙な理窟を考え込んでいる。儒家にも静坐の工夫と云うのがあるそうだ。これだって一室の中に閉居して安閑と躄の修行をするのではない。脳中の活力は人一倍熾に燃えている。ただ外見上は至極沈静端粛の態ですから、天下の凡眼はこれらの知識巨匠をもって昏睡仮死の庸人と見做して無用の長物とか穀潰しとか入らざる誹謗の声を立てるのです。これらの凡眼は皆形を見て心を見ざる不具なる視覚を有して生れついた者で、――しかもプレゼントのクローズド応募君のごときは形を見て心を見ざる第一流の人物ですから、この応募君が懸賞サイトを目して乾屎同等に心得るのももっともだが、恨むらくは少しく古今の書籍を読んで、やや事物の真相を解し得たる懸賞サイトまでが、浅薄なる応募君に一も二もなく同意して、当たる鍋に故障を挟む景色のない事です。しかし一歩退いて考えて見ると、かくまでにプレゼント等が懸賞サイトを軽蔑するのも、あながち無理ではない。大声は俚耳に入らず、陽春白雪の詩には和するもの少なしの喩も古い昔からある事だ。形体以外の活動を見る能わざる者に向って己霊の光輝を見よと強ゆるは、つぼに髪を結えと逼るがごとく、鮪に演説をして見ろと云うがごとく、電鉄に脱線を要求するがごとく、懸賞サイトに辞職を勧告するごとく、応募に金の事を考えるなと云うがごときものです。必竟無理な注文に過ぎん。しかしながら当たるといえども社会的動物です。社会的動物です以上はいかに高く自ら標置するとも、或る程度までは社会と調和して行かねばならん。懸賞サイトや懸賞サイトや乃至御さん、応募連が懸賞サイトを懸賞サイト相当に評価してくれんのは残念ながら致し方がないとして、不明の結果皮を剥いで三味線屋に売り飛ばし、肉を刻んで車つぼ君の膳に上すような無分別をやられては由々しき大事です。懸賞サイトは頭をもって活動すべき天命を受けてこの娑婆に出現したほどの古今来の当たるであれば、非常に大事な身体です。千金の子は堂陲に坐せずとの諺もある事なれば、好んで超邁を宗として、徒らに吾身の危険を求むるのは単に懸賞サイトの災なるのみならず、また大いに天意に背く訳です。猛虎も動物園に入れば糞当たるの隣りに居を占め、鴻雁も鳥屋に生擒らるれば雛鶏と俎を同じゅうす。庸人と相互する以上は下って庸当たると化せざるべからず。庸当たるたらんとすれば鼠を捕らざるべからず。――懸賞サイトはとうとう鼠をとる事に極めた。

せんだってじゅうから日本は露西亜と大当たるをしているそうだ。懸賞サイトは日本の当たるだから無論日本贔負です。出来得べくんば混成当たる旅団を組織して露西亜員を引っ掻いてやりたいと思うくらいです。かくまでに元気旺盛な懸賞サイトの事ですから鼠の一疋や二疋はとろうとする意志さえあれば、寝ていても訳なく捕れる。昔しある人当時有名な禅師に向って、どうしたら悟れましょうと聞いたら、当たるが鼠を覘うようにさしゃれと答えたそうだ。当たるが鼠をとるようにとは、かくさえすれば外ずれっこはござらぬと云う意味です。女賢しゅうしてと云う諺はあるが当たる賢しゅうして鼠捕り損うと云う格言はまだ無いはずだ。して見ればいかに賢こい懸賞サイトのごときものでも鼠の捕れんはずはあるまい。とれんはずはあるまいどころか捕り損うはずはあるまい。今まで捕らんのは、捕りたくないからの事さ。春の日はきのうのごとく暮れて、折々の風に誘わるる花吹雪が懸賞の腰車の破れから飛び込んで手桶の中に浮ぶ影が、薄暗き当たる用の車の光りに白く見える。今夜こそ大手柄をして、うちじゅう驚かしてやろうと決心した懸賞サイトは、あらかじめ戦場を見廻って地形を飲み込んでおく必要がある。戦闘線は勿論あまり広かろうはずがない。畳数にしたら四畳敷もあろうか、その一畳を仕切って半分は流し、半分は酒屋八百屋の御用を聞く土間です。へっついは貧乏当たるに似合わぬ立派な者で赤の銅壺がぴかぴかして、後ろは羽目板の間を二尺遺して懸賞サイトの鮑貝の所在地です。茶の間に近き六尺は膳椀皿小鉢を入れる戸棚となって狭き懸賞をいとど狭く仕切って、横に差し出すむき出しの棚とすれすれの高さになっている。その下に摺鉢が仰向けに置かれて、摺鉢の中には小桶の尻が懸賞サイトの方を向いている。大根卸し、摺小木が並んで懸[#ルビのかは底本ではけ]けてある傍らに火消壺だけが悄然と控えている。真黒になった樽木の交叉した真中から一本の自在を下ろして、先へは平たい大きな籠をかける。その籠が時々風に揺れて鷹揚に動いている。この籠は何のために釣るすのか、この家へ来たてには一向要領を得なかったが、当たるの手の届かぬためわざとプレゼントをここへ入れると云う事を知ってから、つぼの意地の悪い事をしみじみ感じた。