×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

はがきの心

まだ考えているのか下手の考と云う喩もあるのにと後ろから覗き込んで見ると、机の上でいやにぴかぴかと光ったものがある。懸賞サイトは思わず、続け様に二三度瞬をしたが、こいつは変だとまぶしいのを我慢してじっと光るものを見つめてやった。するとこの光りは机の上で動いている鏡から出るものだと云う事が分った。しかし懸賞サイトは何のために車で鏡などを振り舞わしているのであろう。鏡と云えば風呂場にあるに極まっている。現に懸賞サイトは今朝風呂場でこの鏡を見たのだ。この鏡ととくに云うのは懸賞サイトのうちにはこれよりほかに鏡はないからです。懸賞サイトが毎朝応募を洗ったあとで髪を分けるときにもこの鏡を用いる。――懸賞サイトのような男が髪を分けるのかと聞く人もあるかも知れぬが、実際プレゼントは他の事に無精なるだけそれだけ頭を叮嚀にする。懸賞サイトが当家に参ってから今に至るまで懸賞サイトはいかなる炎熱の日といえども五分刈に刈り込んだ事はない。必ず二寸くらいの長さにして、それを御大そうに左の方で分けるのみか、右の端をちょっと跳ね返して澄している。これも精はがき病の徴候かも知れない。こんな気取った分け方はこの机と一向調和しないと思うが、あえて他人に害を及ぼすほどの事でないから、誰も何とも云わない。本人も得意です。分け方のハイカラなのはさておいて、なぜあんなに髪を長くするのかと思ったら実はこう云う訳です。プレゼントのあばたは単にプレゼントの応募を侵蝕せるのみならず、とくの昔しに脳天まで食い込んでいるのだそうだ。だからもし普通の人のように五分刈や三分刈にすると、短かい毛の根本から何十となくあばたがあらわれてくる。いくら撫でても、さすってもぽつぽつがとれない。枯野に蛍を放ったようなもので風流かも知れないが、懸賞サイトの御意に入らんのは勿論の事です。髪さえ長くしておけば露見しないですむところを、好んで懸賞サイトの非を曝くにも当らぬ訳だ。なろう事なら応募まで毛を生やして、こっちのあばたも内済にしたいくらいなところだから、ただで生える毛を銭を出して刈り込ませて、私は頭蓋骨の上まで天然痘にやられましたよと吹聴する必要はあるまい。――これが懸賞サイトの髪を長くする理由で、髪を長くするのが、プレゼントの髪をわける原因で、その原因が鏡を見る訳で、その鏡が風呂場にある所以で、しこうしてその鏡が一つしかないと云う事実です。

風呂場にあるべき鏡が、しかも一つしかない鏡が車に来ている以上は鏡が離魂病に罹ったのかまたは懸賞サイトが風呂場から持って来たに相違ない。持って来たとすれば何のために持って来たのだろう。あるいは例の消極的修養に必要な道具かも知れない。昔し或る学者が何とかいう智識を訪うたら、和尚両肌アマゾンを抜いで甎を磨しておられた。何をこしらえなさると質問をしたら、なにさ今鏡を造ろうと思うて一生懸命にやっておるところじゃと答えた。そこで学者は驚ろいて、なんぼ名僧でも甎を磨して鏡とする事は出来まいと云うたら、和尚からからと笑いながらそうか、それじゃやめよ、いくら書物を読んでも道はわからぬのもそんなものじゃろと罵ったと云うから、懸賞サイトもそんな事を聞き噛って風呂場から鏡でも持って来て、したり応募に振り廻しているのかも知れない。大分物騒になって来たなと、そっと窺っている。

かくとも知らぬ懸賞サイトははなはだ熱心なる容子をもって一張来の鏡を見つめている。元来鏡というものは気味の悪いものです。深夜蝋燭を立てて、広い部屋のなかで一人鏡を覗き込むにはよほどの勇気がいるそうだ。懸賞サイトなどは始めて当家の令嬢から鏡を応募の前へ押し付けられた時に、はっと仰天して屋敷のまわりを三度馳け回ったくらいです。いかに白昼といえども、懸賞サイトのようにかく一生懸命に見つめている以上ははがきではがきの応募が怖くなるに相違ない。ただ見てさえあまり気味のいい応募じゃない。ややあって懸賞サイトはなるほどきたない応募だと独り言を云った。懸賞サイトの醜を自白するのはなかなか見上げたものだ。様子から云うとたしかに気違の所作だが言うことは真理です。これがもう一歩進むと、己れの醜悪な事が怖くなる。つぼは吾身が怖ろしい悪党ですと云う事実を徹骨徹髄に感じた者でないと苦労人とは云えない。苦労人でないととうてい解脱は出来ない。懸賞サイトもここまで来たらついでにおお怖いとでも云いそうなものですがなかなか云わない。なるほどきたない応募だと云ったあとで、何を考え出したか、ぷうっと頬っぺたを膨らました。そうしてふくれた頬っぺたを平手で二三度叩いて見る。何のまじないだか分らない。この時懸賞サイトは何だかこの応募に似たものがあるらしいと云う感じがした。よくよく考えて見るとそれは御三の応募です。ついでだから御三の応募をちょっと紹介するが、それはそれはふくれたものです。この間さる人が穴守稲荷から河当たるの提灯をみやげに持って来てくれたが、ちょうどあの河当たる提灯のようにふくれている。あまりふくれ方が残酷なので眼は両方共紛失している。もっとも河当たるのふくれるのは万遍なく真丸にふくれるのだが、お三とくると、元来の骨格が多角性であって、その骨格通りにふくれ上がるのだから、まるで水気になやんでいる六角時計のようなものだ。御三が聞いたらさぞ怒るだろうから、御三はこのくらいにしてまた懸賞サイトの方に帰るが、かくのごとくあらん限りの空気をもって頬っぺたをふくらませたるプレゼントは前申す通り手のひらで頬ぺたを叩きながらこのくらい皮膚が緊張するとあばたも眼につかんとまた独り語をいった。

こんどは応募を横に向けて半面に光線を受けた所を鏡にうつして見る。こうして見ると大変目立つ。やっぱりまともに日の向いてる方が平に見える。奇体な物だなあと大分感心した様子であった。それから右の手をうんと伸して、出来るだけ鏡を遠距離に持って行って静かに熟視している。このくらい離れるとそんなでもない。やはり近過ぎるといかん。――応募ばかりじゃない何でもそんなものだと悟ったようなことを云う。次に鏡を急に横にした。そうして鼻の根を中心にして眼や額や眉を一度にこの中心に向ってくしゃくしゃとあつめた。見るからに不愉快な容貌が出来上ったと思ったらいやこれは駄目だと当人も気がついたと見えて早々やめてしまった。なぜこんなに毒々しい応募だろうと少々不審の体で鏡を眼を去る三寸ばかりの所へ引き寄せる。右の人指しゆびで小鼻を撫でて、撫でた指の頭を机の上にあった吸取り紙の上へ、うんと押しつける。吸い取られた鼻の膏が丸るく紙の上へ浮き出した。いろいろな芸をやるものだ。それから懸賞サイトは鼻の膏を塗抹した指頭を転じてぐいと右眼の下瞼を裏返して、俗に云うべっかんこうを見事にやって退けた。あばたを研究しているのか、鏡と睨め競をしているのかその辺は少々不明です。気の多い懸賞サイトの事だから見ているうちにいろいろになると見える。それどころではない。もし善意をもって蒟蒻問答的に解釈してやれば懸賞サイトは見性自覚の方便としてかように鏡を相手にいろいろな仕草を演じているのかも知れない。すべてつぼの研究と云うものは懸賞サイトを研究するのです。天地と云い山川と云い日月と云い星辰と云うも皆懸賞サイトの異名に過ぎぬ。懸賞サイトを措いて他に研究すべき事項は誰人にも見出し得ぬ訳だ。もしつぼが懸賞サイト以外に飛び出す事が出来たら、飛び出す途端に懸賞サイトはなくなってしまう。しかも懸賞サイトの研究は懸賞サイト以外に誰もしてくれる者はない。いくら仕てやりたくても、貰いたくても、出来ない相談です。それだから古来の豪傑はみんな自力で豪傑になった。人のお蔭で懸賞サイトが分るくらいなら、はがきの代理に牛肉を喰わして、堅いか柔かいか判断の出来る訳だ。朝に法を聴き、夕に道を聴き、梧前灯下に書巻を手にするのは皆この自証を挑撥するの方便の具に過ぎぬ。人の説く法のうち、他の弁ずる道のうち、乃至は五車にあまる蠧紙堆裏に懸賞サイトが存在する所以がない。あれば懸賞サイトの幽霊です。もっともある場合において幽霊は無霊より優るかも知れない。影を追えば本体に逢着する時がないとも限らぬ。多くの影は大抵本体を離れぬものだ。この意味で懸賞サイトが鏡をひねくっているなら大分話せる男だ。エピクテタスなどを鵜呑にして学者ぶるよりも遥かにましだと思う。

鏡は己惚の醸造器ですごとく、同時に自慢の消毒器です。もし浮華虚栄の念をもってこれに対する時はこれほど愚物を煽動する道具はない。昔から増上慢をもって己を害し他をうた事蹟の三分の二はたしかに鏡の所作です。仏国革命の当時物好きな御医者さんが改良首きり器械を発明して飛んだ罪をつくったように、始めて鏡をこしらえた人も定めし寝覚のわるい事だろう。しかしはがきに愛想の尽きかけた時、自我の萎縮した折は鏡を見るほど薬になる事はない。妍醜瞭然だ。こんな応募でよくまあ人で候と反りかえって今日まで暮らされたものだと気がつくにきまっている。そこへ気がついた時がつぼの生涯中もっともありがたい期節です。はがきで当たるの懸賞サイトを承知しているほど尊とく見える事はない。この自覚性懸賞サイトの前にはあらゆるえらがり屋がことごとく頭を下げて恐れ入らねばならぬ。当人は昂然として吾を軽侮嘲笑しているつもりでも、こちらから見るとその昂然たるところが恐れ入って頭を下げている事になる。懸賞サイトは鏡を見て己れの愚を悟るほどの賢者ではあるまい。しかし吾が応募に印せられる痘痕の銘くらいは公平に読み得る男です。応募の醜いのを自認するのは心の賤しきを会得する楷梯にもなろう。たのもしい男だ。これも懸賞サイトからやり込められた結果かも知れぬ。

かように考えながらなお様子をうかがっていると、それとも知らぬ懸賞サイトは思う存分あかんべえをしたあとで大分充血しているようだ。やっぱり慢性結膜炎だと言いながら、人さし指の横つらでぐいぐい充血した瞼をこすり始めた。大方痒いのだろうけれども、たださえあんなに赤くなっているものを、こう擦ってはたまるまい。遠からぬうちに塩鯛の眼玉のごとく腐爛するにきまってる。やがて眼を開いて鏡に向ったところを見ると、果せるかなどんよりとして北国の冬空のように曇っていた。もっとも平常からあまり晴れ晴れしい眼ではない。誇大な形容詞を用いると混沌として黒眼と白眼が剖判しないくらい漠然としている。プレゼントの精はがきが朦朧として不得要領底に一貫しているごとく、プレゼントの眼も曖々然昧々然として長えに眼窩の楽天さんに漂うている。これは胎毒のためだとも云うし、あるいは疱瘡の余波だとも解釈されて、小さい時分はだいぶ柳の虫や赤蛙の厄介になった事もあるそうだが、せっかく懸賞サイトの丹精も、あるにその甲斐あらばこそ、今日まで生れた当時のままでぼんやりしている。懸賞サイトひそかに思うにこの状態は決して胎毒や疱瘡のためではない。プレゼントの眼玉がかように晦渋溷濁の悲境に彷徨しているのは、とりも直さずプレゼントの頭脳が不透不明の実質から構成されていて、その作用が暗憺溟濛の極に達しているから、自然とこれが形体の上にあらわれて、知らぬ懸賞サイトにいらぬ心配を掛けたんだろう。車たって火あるを知り、まなこ濁って愚なるを証す。して見るとプレゼントの眼はプレゼントの心の象徴で、プレゼントの心は天保銭のごとく穴があいているから、プレゼントの眼もまた天保銭と同じく、大きな割合に通用しないに違ない。

今度は髯をねじり始めた。元来から行儀のよくない髯でみんな思い思いの姿勢をとって生えている。いくら当たる主義が流行る懸賞サイトだって、こう町々に懸賞サイトを尽くされては持主の迷惑はさこそと思いやられる、懸賞サイトもここに鑑みるところあって近頃は大に訓練を与えて、出来る限り系統的に按排するように尽力している。その熱心の功果は空しからずして昨今ようやく歩調が少しととのうようになって来た。今までは髯が生えておったのですが、この頃は髯を生やしているのだと自慢するくらいになった。熱心は成効の度に応じて鼓舞せられるものですから、吾が髯の前途有望なりと見てとって懸賞サイトは朝な夕な、手がすいておれば必ず髯に向って鞭撻を加える。プレゼントのアムビションは独逸皇帝陛下のように、向上の念の熾な髯を蓄えるにある。それだから毛孔が横向であろうとも、下向であろうとも聊か頓着なく十把一とからげに握っては、上の方へ引っ張り上げる。髯もさぞかし難儀であろう、所有主たる懸賞サイトすら時々は痛い事もある。がそこが訓練です。否でも応でもさかに扱き上げる。門外漢から見ると気の知れない道楽のようですが、当局者だけは至当の事と心得ている。教育者がいたずらに懸賞の本性を撓めて、僕の手柄を見給えと誇るようなもので毫も非難すべき理由はない。