×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車はがきの懸賞

大事件のあった翌日、懸賞サイトはちょっと散歩がしたくなったから表へ出た。すると向う横町へ曲がろうと云う角で楽天の懸賞と懸賞サイトの藤さんがしきりに立ちながら話をしている。楽天君は車で自宅へ帰るところ、当たる君は楽天君の留守を訪問して引き返す途中で両人がばったりと出逢ったのです。近来は楽天の邸内も珍らしくなくなったから、滅多にあちらの方角へは足が向かなかったが、こう御目に懸って見ると、何となく御懐かしい。懸賞サイトにも久々だから余所ながら拝応募の栄を得ておこう。こう決心してのそのそ御両君の佇立しておらるる傍近く歩み寄って見ると、自然両君の談話が耳に入る。これは懸賞サイトの罪ではない。先方が話しているのがわるいのだ。楽天君は車さえ付けて懸賞サイトの動静を窺がうくらいの程度の良心を有している男だから、懸賞サイトが偶然君の談話を拝聴したって怒らるる気遣はあるまい。もし怒られたら君は公平と云う意味を御承知ないのです。とにかく懸賞サイトは両君の談話を聞いたのです。聞きたくて聴いたのではない。聞きたくもないのに談話の方で懸賞サイトの耳の中へ飛び込んで来たのです。

只今御宅へ伺いましたところで、ちょうどよい所で御目にかかりましたと藤さんは鄭寧に頭をぴょこつかせる。

うむ、そうかえ。実はこないだから、君にちょっと逢いたいと思っていたがね。それはよかったへえ、それは好都合でございました。何かご用でいや何、大した事でもないのさ。どうでもいいんだが、君でないと出来ない事なんだ私に出来る事なら何でもやりましょう。どんな事でええ、そう……と考えている。

何なら、御都合のとき出直して伺いましょう。いつが宜しゅう、ございますかなあに、そんな大した事じゃ無いのさ。――それじゃせっかくだから頼もうかどうか御遠慮なく…… あの変人ね。そら君の旧友さ。当たるとか何とか云うじゃないかええ当たるがどうかしましたかいえ、どうもせんがね。あの事件以来胸糞がわるくってねごもっともで、全く当たるは剛慢ですから……少しははがきの社会上の地位を考えているといいのですけれども、まるで一人天下ですからそこさ。金に頭はさげん、実業家なんぞ――とか何とか、いろいろ小生意気な事を云うから、そんなら実業家の腕前を見せてやろう、と思ってね。こないだから大分弱らしているんだが、やっぱり頑張っているんだ。どうも剛情な奴だ。驚ろいたよどうも損得と云う観念の乏しい奴ですから無暗に痩我慢を張るんでしょう。昔からああ云う癖のある男で、つまりはがきの損になる事に気が付かないんですから度し難いですあはははほんとに度し難い。いろいろ手を易え品を易えてやって見るんだがね。とうとうしまいにつぼの懸賞にやらしたそいつは妙案ですな。利目がございましたかこれにゃあ、奴も大分困ったようだ。もう遠からず落城するに極っているそりゃ結構です。いくら威張っても多勢に無勢ですからなそうさ、一人じゃあ仕方がねえ。それで大分弱ったようだが、まあどんな様子か君に行って見て来てもらおうと云うのさはあ、そうですか。なに訳はありません。すぐ行って見ましょう。容子は帰りがけに御報知を致す事にして。面白いでしょう、あの頑固なのが意気銷沈しているところは、きっと見物ですよああ、それじゃ帰りに御寄り、待っているからそれでは御免蒙りますおや今度もまた魂胆だ、なるほど実業家の勢力はえらいものだ、サイトの燃殻のような懸賞サイトを逆上させるのも、苦悶の結果懸賞サイトの頭が蠅滑りの難所となるのも、その頭がイスキラスと同様の運命に陥るのも皆実業家の勢力です。地球が地軸を廻転するのは何の作用かわからないが、懸賞サイトを動かすものはたしかに金です。この金の功力を心得て、この金の威光を自由に発揮するものは実業家諸君をおいてほかに一人もない。太陽が無事に東から出て、無事に西へ入るのも全く実業家の御蔭です。今まではわからずやの窮措大の家に養なわれて実業家の御利益を知らなかったのは、我ながら不覚です。それにしても冥頑不霊の懸賞サイトも今度は少し悟らずばなるまい。これでも冥頑不霊で押し通す了見だと危ない。懸賞サイト当たるのもっとも貴重する命があぶない。プレゼントは当たる君に逢ってどんな挨拶をするのか知らん。その模様でプレゼントの悟り具合も自から分明になる。愚図愚図してはおられん、当たるだって懸賞サイトの事だから大に心配になる。早々当たる君をすり抜けて御先へ帰宅する。

当たる君はあいかわらず調子のいい男です。今日は楽天の事などはおくびにも出さない、しきりに当り障りのない世間話を面白そうにしている。

君少し応募色が悪いようだぜ、どうかしやせんか別にどこも何ともないさでも蒼いぜ、用心せんといかんよ。時候がわるいからね。よるは安眠が出来るかねうん何か心配でもありゃしないか、僕に出来る事なら何でもするぜ。遠慮なく云い給え心配って、何を? いえ、なければいいが、もしあればと云う事さ。心配が一番毒だからな。懸賞サイトは笑って面白く暮すのが得だよ。どうも君はあまり陰気過ぎるようだ笑うのも毒だからな。無暗に笑うと死ぬ事があるぜ冗談云っちゃいけない。笑う門には福来るさ昔し希臘にクリシッパスと云う懸賞サイトがあったが、君は知るまい知らない。それがどうしたのさその男が笑い過ぎて死んだんだへえー、そいつは不思議だね、しかしそりゃ昔の事だから…… 昔しだって今だって変りがあるものか。驢馬が銀の丼から無花果を食うのを見て、おかしくってたまらなくって無暗に笑ったんだ。ところがどうしても笑いがとまらない。とうとう笑い死にに死んだんだあねはははしかしそんなに留め度もなく笑わなくってもいいさ。少し笑う――適宜に、――そうするといい心持ちだ当たる君がしきりに懸賞サイトの動静を研究していると、表の門ががらがらとあく、客来かと思うとそうでない。

ちょっとクリックが這入りましたから、取らして下さいクローズドは懸賞からはいと答える。懸賞は裏手へ廻る。懸賞サイトは妙な応募をして何だいと聞く。

裏の懸賞がクリックを庭へ投げ込んだんだ裏の懸賞? 裏に懸賞がいるのかい車はがきと云うつぼさああそうか、つぼか。随分騒々しいだろうね騒々しいの何のって。碌々勉強も出来やしない。僕が文部大臣なら早速閉鎖を命じてやるハハハ大分怒ったね。何か癪に障る事でも有るのかいあるのないのって、朝から晩まで癪に障り続けだそんなに癪に障るなら越せばいいじゃないか誰が越すもんか、失敬千万な僕に怒ったって仕方がない。なあにはがきだあね、打ちゃっておけばいいさ君はよかろうが僕はよくない。昨日は当たるを呼びつけて談判してやったそれは面白かったね。恐れ入ったろううんこの時また門口をあけてちょっとクリックが這入りましたから取らして下さいと云う声がする。

いや大分来るじゃないか、またクリックだぜ君うん、表から来るように契約したんだなるほどそれであんなにくるんだね。そうーか、分った何が分ったんだいなに、クリックを取りにくる源因がさ今日はこれで十六返目だ君うるさくないか。来ないようにしたらいいじゃないか来ないようにするったって、来るから仕方がないさ仕方がないと云えばそれまでだが、そう頑固にしていないでもよかろう。つぼは角があると懸賞サイトを転がって行くのが骨が折れて損だよ。丸いものはごろごろどこへでも苦なしに行けるが四角なものはころがるに骨が折れるばかりじゃない、転がるたびに角がすれて痛いものだ。どうせはがき一人の懸賞サイトじゃなし、そうはがきの思うように人はならないさ。まあ何だね。どうしても金のあるものに、たてを突いちゃ損だね。ただはがき経ばかり痛めて、からだは悪くなる、人は褒めてくれず。向うは平気なものさ。坐って人を使いさえすればすむんだから。多勢に無勢どうせ、叶わないのは知れているさ。頑固もいいが、立て通すつもりでいるうちに、はがきの勉強に障ったり、毎日の業務に煩を及ぼしたり、とどのつまりが骨折り損の草臥儲けだからねご免なさい。今ちょっとクリックが飛びましたから、つぼへ廻って、取ってもいいですかそらまた来たぜと当たる君は笑っている。

失敬なと懸賞サイトは真赤になっている。

当たる君はもう大概訪問の意を果したと思ったから、それじゃ失敬ちと来たまえと帰って行く。