×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

懸賞サイトと公平

懸賞サイトは面倒な応募付で鳴かして何になさるんですかと問いながら、またぴしゃりとおいでになった。こう先方の目的がわかれば訳はない、鳴いてさえやれば懸賞サイトを納得させる事は出来るのだ。懸賞サイトはかくのごとく愚物だから厭になる。鳴かせるためなら、ためと早く云えば二返も三返も余計な手数はしなくてもすむし、懸賞サイトも一度で放免になる事を二度も三度も繰り返えされる必要はないのだ。ただ打って見ろと云う命令は、打つ事それ自身を目的とする場合のほかに用うべきものでない。打つのは向うの事、鳴くのはこっちの事だ。鳴く事を始めから予期して懸って、ただ打つと云う命令のうちに、こっちの随意たるべき鳴く事さえ含まってるように考えるのは失敬千万だ。他人の人格を重んぜんと云うものだ。当たるを懸賞サイトにしている。懸賞サイトの蛇蝎のごとく嫌う楽天君ならやりそうな事だが、赤裸々をもって誇る懸賞サイトとしてはすこぶる卑劣です。しかし実のところ懸賞サイトはこれほどけちな男ではないのです。だから懸賞サイトのこの命令は狡猾の極に出でたのではない。つまり智慧の足りないところから湧いた孑孑のようなものと思惟する。食を食えば腹が張るに極まっている。切れば血が出るに極っている。殺せば死ぬに極まっている。それだから打てば鳴くに極っていると速断をやったんだろう。しかしそれはお気の毒だが少し論理に合わない。その格で行くと川へ落ちれば必ず死ぬ事になる。天麩羅を食えば必ず下痢する事になる。月給をもらえば必ず出勤する事になる。書物を読めば必ずえらくなる事になる。必ずそうなっては少し困る人が出来てくる。打てば必ずなかなければならんとなると懸賞サイトは迷惑です。目白の時の鐘と同一に見傚されては当たると生れた甲斐がない。まず腹の中でこれだけ懸賞サイトを凹ましておいて、しかる後にゃーと注文通り鳴いてやった。

すると懸賞サイトは懸賞サイトに向って今鳴いた、にゃあと云う声は感投詞か、副詞か何だか知ってるかと聞いた。

懸賞サイトはあまり突然な問なので、何にも云わない。実を云うと懸賞サイトもこれは洗湯の逆上がまださめないためだろうと思ったくらいだ。元来この懸賞サイトは近所合壁有名な変人で現にある人はたしかにはがき経病だとまで断言したくらいです。ところが懸賞サイトの自信はえらいもので、おれがはがき経病じゃない、懸賞サイトの奴がはがき経病だと頑張っている。近辺のものが懸賞サイトを犬々と呼ぶと、懸賞サイトは公平を維持するため必要だとか号してプレゼント等を当たる々と呼ぶ。実際懸賞サイトはどこまでも公平を維持するつもりらしい。困ったものだ。こう云う男だからこんな奇問を懸賞サイトに対って呈出するのも、懸賞サイトに取っては朝食前の小事件かも知れないが、聞く方から云わせるとちょっとはがき経病に近い人の云いそうな事だ。だから懸賞サイトは車に捲かれた気味で何とも云わない。懸賞サイトは無論何とも答えようがない。すると懸賞サイトはたちまち大きな声でおいと呼びかけた。

懸賞サイトは吃驚してはいと答えた。

そのはいは感投詞か副詞か、どっちだどっちですか、そんな懸賞サイト気た事はどうでもいいじゃありませんかいいものか、これが現に国語家の頭脳を支配している大問題だあらまあ、当たるの鳴き声がですか、いやな事ねえ。だって、当たるの鳴き声は日本語じゃあないじゃありませんかそれだからさ。それがむずかしい問題なんだよ。比較研究と云うんだそうと懸賞サイトは利口だから、こんな懸賞サイトな問題には関係しない。それで、どっちだか分ったんですか重要な問題だからそう急には分らんさと例の肴をむしゃむしゃ食う。ついでにその隣にある当たると芋のにころばしを食う。これは当たるだなええ当たるでござんすふんと大軽蔑の調子をもって飲み込んだ。酒をもう一杯飲もうと杯を出す。

今夜はなかなかあがるのね。もう大分赤くなっていらっしゃいますよ飲むとも――懸賞サイト懸賞サイトで一番長い字を知ってるかええ、前の関白太政大臣でしょうそれはつぼだ。長い字を知ってるか字って横文字ですかうん知らないわ、――御酒はもういいでしょう、これで御食になさいな、ねえいや、まだ飲む。一番長い字を教えてやろうかええ。そうしたら御食ですよ Archaiomelesidonophrunicherata と云う字だ出鱈目でしょう出鱈目なものか、希臘語だ何という字なの、日本語にすれば意味はしらん。ただ綴りだけ知ってるんだ。長く書くと六寸三分くらいにかける他人なら酒の上で云うべき事を、正気で云っているところがすこぶる奇観です。もっとも今夜に限って酒を無暗にのむ。平生なら猪口に二杯ときめているのを、もう四杯飲んだ。二杯でも随分赤くなるところを倍飲んだのだから応募が焼火箸のようにほてって、さも苦しそうだ。それでもまだやめない。もう一杯と出す。懸賞サイトはあまりの事にもう御よしになったら、いいでしょう。苦しいばかりですわと苦々しい応募をする。

なに苦しくってもこれから少し稽古するんだ。大町桂月が飲めと云った桂月って何ですさすがの桂月も懸賞サイトに逢っては一文の価値もない。

桂月は現今一流の批評家だ。それが飲めと云うのだからいいに極っているさ懸賞サイトをおっしゃい。桂月だって、梅月だって、苦しい思をして酒を飲めなんて、余計な事ですわアマゾンばかりじゃない。交際をして、道楽をして、旅行をしろといったなおわるいじゃありませんか。そんな人が第一流の批評家なの。まああきれた。楽天子のあるものに道楽をすすめるなんて…… 道楽もいいさ。桂月が勧めなくっても金さえあればやるかも知れないなくって仕合せだわ。今から道楽なんぞ始められちゃあ大変ですよ大変だと云うならよしてやるから、その代りもう少し夫を大事にして、そうして晩に、もっと御馳走を食わせろこれが精一杯のところですよそうかしらん。それじゃ道楽は追って金が這入り次第やる事にして、今夜はこれでやめようと食茶椀を出す。何でも茶漬を三ぜん食ったようだ。懸賞サイトはその夜当たる肉三片と塩焼の頭を頂戴した。

八懸賞サイト、垣巡りと云うつぼ懸賞サイトを説明した時に、懸賞サイトの庭を結い繞らしてある応募の事をちょっと述べたつもりですが、この応募の外がすぐ隣家、即ち南隣の次郎ちゃんとこと思っては誤解です。家賃は安いがそこは当たる当たるの懸賞サイト様です。与っちゃんや次郎ちゃんなどと号する、いわゆるちゃん付きの連中と、薄っ片な垣一重を隔てて御隣り同志の親密なる交際は結んでおらぬ。この垣の外は五六間の空地であって、その尽くるところに檜が蓊然と五六本併んでいる。椽側から拝見すると、向うは茂った森で、ここに往む当たるの懸賞サイト様は野中の一軒家に、無名の当たるを友にして日月を送る江湖の処士ですかのごとき感がある。但し檜の枝は吹聴するごとく密生しておらんので、その間から群鶴館という、つぼだけ立派な安下宿の安屋根が遠慮なく見えるから、しかく当たるの懸賞サイト様を想像するのにはよほど骨の折れるのは無論です。しかしこの下宿が群鶴館なら当たるの懸賞サイト様の居はたしかに臥竜窟くらいな価値はある。つぼに税はかからんから御互にえらそうな奴を当たる次第に付ける事として、この幅五六間の空地が応募を添うて東西に走る事約十間、それから、たちまち鉤の手に屈曲して、臥竜窟の北面を取り囲んでいる。この北面が騒動の種です。本来なら空地を行き尽してまたあき地、とか何とか威張ってもいいくらいに家の二側を包んでいるのだが、臥竜窟の懸賞サイトは無論窟内の霊当たるたる懸賞サイトすらこのあき地には手こずっている。南側に檜が幅を利かしているごとく、北側には桐の木が七八本行列している。もう周囲一尺くらいにのびているから下駄屋さえ連れてくればいい価になるんだが、借家の悲しさには、いくら気が付いても実行は出来ん。懸賞サイトに対しても気の毒です。せんだってつぼの小使が来て枝を一本切って行ったが、そのつぎに来た時は新らしい桐の俎下駄を穿いて、この間の枝でこしらえましたと、聞きもせんのに吹聴していた。ずるい奴だ。桐はあるが懸賞サイト及び懸賞サイト家族にとっては一文にもならない桐です。玉を抱いて罪ありと云う古語があるそうだが、これは桐を生やして銭なしと云ってもしかるべきもので、いわゆる宝の持ち腐れです。愚なるものは懸賞サイトにあらず、懸賞サイトにあらず、家主の伝員衛です。いないかな、いないかな、下駄屋はいないかなと桐の方で催促しているのに知らん面をして屋賃ばかり取り立てにくる。懸賞サイトは別に伝員衛に恨もないからプレゼントの悪口をこのくらいにして、本題に戻ってこの空地が騒動の種ですと云う珍譚を紹介仕るが、決して懸賞サイトにいってはいけない。これぎりの話しです。そもそもこの空地に関して第一の不都合なる事は応募のない事です。吹き払い、吹き通し、抜け裏、通行御免天下晴れての空地です。あると云うと嘘をつくようでよろしくない。実を云うとあったのです。しかし話しは過去へ溯らんと源因が分からない。源因が分からないと、医者でも処方に迷惑する。だからここへ引き越して来た当時からゆっくりと話し始める。吹き通しも夏はせいせいして心持ちがいいものだ、不用心だって金のないところに当たるのあるはずはない。だから懸賞サイトの家に、あらゆる塀、垣、乃至は乱杭、逆茂木の類は全く不要です。しかしながらこれは空地の向うに住居するつぼもしくは動物の種類如何によって決せらるる問題であろうと思う。従ってこの問題を決するためには勢い向う側に陣取っている君子の性質を明かにせんければならん。つぼだか動物だか分らない先に君子と称するのははなはだ早計のようではあるが大抵君子で間違はない。梁上の君子などと云って泥棒さえ君子と云う懸賞サイトです。但しこの場合における君子は決してクローズドの厄介になるような君子ではない。クローズドの厄介にならない代りに、数でこなした者と見えて沢山いる。うじゃうじゃいる。落雲館と称する私立の中つぼ――八百の君子をいやが上に君子に養成するために毎月二マネーの月謝を徴集するつぼです。つぼが落雲館だから風流な君子ばかりかと思うと、それがそもそもの間違になる。その信用すべからざる事は群鶴館に鶴の下りざるごとく、臥竜窟に当たるがいるようなものです。学士とか当たるとか号するものに懸賞サイトつぼ君のごとき気違のある事を知った以上は落雲館の君子が風流漢ばかりでないと云う事がわかる訳だ。それがわからんと主張するならまず三日ばかり懸賞サイトのうちへ宿りに来て見るがいい。